企業に欠かせない警備と緊急時に役立つAEDをセコムで

残土の処分

工事現場

建築現場などでは、穴を掘った後などに大量の土が出てきます。その土のことを残土と呼んでいるのです。掘って出てきた土を再利用することも可能な場合がありますが、その現場で利用できなくなったものだけを残土とよびます。基本的に残土と呼んでいてもそれは土だけではないのです。コンクリートや、アスファルト、ドロなども残土の1種とされており種類はたくさんあります。残土は廃棄物として処理することができますが、これは一般家庭で出る残土であって、建築現場などでは残土を処理するために別の方法が利用されるのです。また残土には様々な種類のものがミックスしている場合があります。処分の際にはそれらをしっかり分類する必要があるので、専用の機械が必要になります。
その機械のことを残土ふるい機といい、この機械にも様々な種類があります。一般的に残土ふるい機の中で有名なものが振動で残土を分類するタイプのものです。このタイプの残土ふるい機はその名の通り振動によって残土を別け、処分できるものは処分し再生できるものはリサイクルして使えるようにできるのです。今までこのような作業を業者に任せるかそのまま処分していたのであれば、一度残土ふるい機の購入を検討してみてはいかがでしょうか。思わぬリサイクルが可能となり、将来的に大幅なコスト節約が可能になるのです。残土ふるい機を利用したいのであれば、具体的にどこで利用できるかもしっかり確認しておかなくてはなりません。機械によっては平な場所でも設置が難しいことがあるからです。